函館・みなみ北海道観光ガイド - 一般社団法人函館国際観光コンベンション協会
画像・動画のご利用方法

「函館観光フォト&動画ライブラリー」は函館/南北海道の観光地や観光施設の高解像度画像・動画の配布を目的としています。
ご利用にあたっては利用規約を必ずお読みください。

画像の保存方法

対象画像の「この画像を見る」ボタンで詳細ページを開き、「ダウンロード」ボタンをクリックで画像がダウンロードできます。
また、詳細ページで画像をクリックすると高解像度画像を直接開くこともできますので保存してご利用ください。

動画の利用方法

利用申請ボタンからメールにて以下の内容を記入して送信してください。
当協会にて利用内容等を確認のうえ、申請いただいたメールアドレスに返信をさせていただきます。

【利用申請記載内容】
1)会社名(法人・団体等の場合)
2)申請ご担当者様氏名
3)ご利用希望の動画名称
4)利用目的
5)利用日または利用期間
利用申請(メールを送る)

名所旧跡・街並み

ライブラリー / 函館山夜景01

函館山夜景01

標高334mの函館山から眺める夜景は函館観光のハイライト。両側を海に囲まれた独特の地形をもつ函館の街の姿が浮かび上がりオンリーワンの輝きを放ちます。山頂展望台までは函館山ロープウェイが約3分で結ぶほか、バス、タ・・・

この画像を見る
ライブラリー / 函館山夜景02

函館山夜景02

標高334mの函館山から眺める夜景は函館観光のハイライト。両側を海に囲まれた独特の地形をもつ函館の街の姿が浮かび上がりオンリーワンの輝きを放ちます。山頂展望台までは函館山ロープウェイが約3分で結ぶほか、バス、タ・・・

この画像を見る
ライブラリー / 函館山夜景03

函館山夜景03

標高334mの函館山から眺める夜景は函館観光のハイライト。両側を海に囲まれた独特の地形をもつ函館の街の姿が浮かび上がりオンリーワンの輝きを放ちます。山頂展望台までは函館山ロープウェイが約3分で結ぶほか、バス、タ・・・

この画像を見る
ライブラリー / 函館山昼景01

函館山昼景01

夜景で有名な函館山ですが昼の風景もまた清々しく魅力的です。函館山は野花と野鳥の宝庫であり、また、山頂周辺には旧函館要塞として設置された砲台跡が残されているなど景観以外にも楽しみ方や見どころが豊富です。

この画像を見る
ライブラリー / 函館山昼景02

函館山昼景02

夜景で有名な函館山ですが昼の風景もまた清々しく魅力的です。函館山は野花と野鳥の宝庫であり、また、山頂周辺には旧函館要塞として設置された砲台跡が残されているなど景観以外にも楽しみ方や見どころが豊富です。

この画像を見る
ライブラリー / 裏夜景

裏夜景

「宝石箱をひっくり返したよう」と表現される函館の夜景。函館山山頂からの眺望が有名ですが、函館山の反対側の丘陵地帯から夜景越しに眺める函館山の姿も人気。場所の違いから見比べるのも興味深く味わいがあります。

この画像を見る
ライブラリー / 八幡坂01

八幡坂01

函館八幡宮が文化元年に奉行所の拡張に伴い移されてきたことが坂名の由来。坂道が一直線に海に伸びていく風景は元町エリアの象徴的風景であり、これまで多くのCMや映画等に起用されています。冬季は街路樹にイルミネーション・・・

この画像を見る
ライブラリー / 八幡坂02

八幡坂02

函館八幡宮が文化元年に奉行所の拡張に伴い移されてきたことが坂名の由来。坂道が一直線に海に伸びていく風景は元町エリアの象徴的風景であり、これまで多くのCMや映画等に起用されています。冬季は街路樹にイルミネーション・・・

この画像を見る
ライブラリー / 基坂01

基坂01

坂の下に里数を測る基点となる「里程元標」が立たられていた事が坂名の由来。、現在坂の上にある「元町公園」には幕府直轄時の箱館奉行所が置かれるなど、かつての行政の中心地として栄えた。

この画像を見る
ライブラリー / 基坂02

基坂02

坂の下に里数を測る基点となる「里程元標」が立たられていた事が坂名の由来。、現在坂の上にある「元町公園」には幕府直轄時の箱館奉行所が置かれるなど、かつての行政の中心地として栄えた。

この画像を見る
ライブラリー / 大三坂01

大三坂01

坂の入口に大三という家印の郷宿(ごうやど)があったのが坂名の由来。教会群へ続く石畳の坂道は秋にはナナカマドの実が赤く染まり風情がある。国土交通省が定める「日本の道100選」のひとつ。函館ハリストス正教会の横から・・・

この画像を見る
ライブラリー / 大三坂02

大三坂02

坂の入口に大三という家印の郷宿(ごうやど)があったのが坂名の由来。教会群へ続く石畳の坂道は秋にはナナカマドの実が赤く染まり風情がある。国土交通省が定める「日本の道100選」のひとつ。函館ハリストス正教会の横から・・・

この画像を見る
ライブラリー / 元町公園01

元町公園01

基坂のうえに位置する港を一望できる公園。明治から昭和初期にかけて箱館奉行所等が設置されるなど道南の行政の中心であり、旧北海道庁函館支庁庁舎や旧開拓使書籍庫などが現在に残されている。

この画像を見る
ライブラリー / 元町公園02

元町公園02

基坂のうえに位置する港を一望できる公園。明治から昭和初期にかけて箱館奉行所等が設置されるなど道南の行政の中心であり、旧北海道庁函館支庁庁舎や旧開拓使書籍庫などが現在に残されている。

この画像を見る
ライブラリー / 元町公園03

元町公園03

基坂のうえに位置する港を一望できる公園。明治から昭和初期にかけて箱館奉行所等が設置されるなど道南の行政の中心であり、旧北海道庁函館支庁庁舎や旧開拓使書籍庫などが現在に残されている。

この画像を見る
ライブラリー / 元町公園04

元町公園04

基坂のうえに位置する港を一望できる公園。明治から昭和初期にかけて箱館奉行所等が設置されるなど道南の行政の中心であり、旧北海道庁函館支庁庁舎や旧開拓使書籍庫などが現在に残されている。

この画像を見る
ライブラリー / 函館四天王像(元町公園)

函館四天王像(元町公園)

明治期に私財を投じて函館発展に尽くした今井市右衛門・平田文右衛門・渡邉熊四郎・平塚時蔵のブロンズ像。元町公園内に設置。

この画像を見る
ライブラリー / 旧開拓使書籍庫

旧開拓使書籍庫

函館製造のレンガを使った1880年建設の煉瓦造り建造物。旧北海道庁函館支庁舎と同じく1985年に北海道有形文化財に指定されている。

この画像を見る
ライブラリー / ペリー提督来航記念碑

ペリー提督来航記念碑

1854年(安政元)箱館に来航したペリー提督の姿を再現し、函館山の麓に建立されています。ペリー滞在中には、箱館湾の測量や写真撮影などを行いました。

この画像を見る
ライブラリー / 相馬株式会社

相馬株式会社

私財を投じ函館発展に尽くした相馬哲平が興した相馬株式会社。路面電車「末広町」電停前でひときわ強い存在感を放つ現社屋は1916年度に完成したもので、細部のディティールまでこだわった装飾が目を引きます。

この画像を見る
ページの上部へ