函館・みなみ北海道観光ガイド - 一般社団法人函館国際観光コンベンション協会
SPOTスポット情報

船魂神社

船魂神社

函館港を見守る北海道最古の神社

函館観光の中心地・元町エリアの「日和坂」を上り切った函館山の麓で函館港を見守る神社。1135(保延元)年に海上安全を記念して奉られたのが起こりで、北海道最古の神社といわれている。函館市民からは「ふなだまさん」の愛称で親しまれており、船の守護神として、海上安全、航海安全を願い、北海道内だけではなく全国各地からも船にかかわる人々が足を運ぶ。

 

船魂神社

 
船魂神社

 

義経伝説が残る神社

1190年に義経の一行が津軽海峡を渡航したとき、遭難により船が沈みそうになったところ、船魂明神の御守護により無事着岸に成功。喉が渇きに水を探していると、童子の神が現れ、その指さす方向には清水が湧き出ていた。義経は喉を潤すことができ、船魂様の御神徳に感謝したといわれている。

 

船魂神社

 

船や水にちなんだ「お守り」「おみくじ」

船や海上の安全や進むべき道を守護する「舵守」、水に浸すことで文字が浮かび上がる「水みくじ」、願い事を書いて御神水に浮かべるとこれが解けて願いが伝わるという「祈願符」など、船魂神社らしい「お守り」や「おみくじ」がある。
※水が氷る冬季は「水みくじ」「祈願符」の扱いはございません。

 

船魂神社

 

住所
〒 040-0054 函館市元町7-2
電話
0138-23-2306
ウェブサイト
https://www.funadama.com/
ACCESS
函館市元町7-2
寺社・教会
※営業時間や料金など、季節により変更になるものもございますので、詳細は各施設へお問い合わせください。
ページの上部へ