函館・みなみ北海道観光ガイド - 一般社団法人函館国際観光コンベンション協会
SPOTスポット情報

函館市旧イギリス領事館

函館市旧ギリス領事館(正面入り口)
函館市旧イギリス領事館(ローズガーデン)
函館市旧ギリス領事館(正面入り口)
函館市旧イギリス領事館(ローズガーデン)

開港都市・函館の歴史を現在に伝える

1859(安政6)年に国際貿易港として開港してから75年間、函館にはイギリス領事館が設置されていました。当時の函館は度重なる大火により街の焼失・復興を繰り返しておりましたが、現建築は、1907(明治40)年の大火後の1913(大正2)年に再建されたもので、1934(昭和9)年まで実際にイギリス領事館として使用されていました。

レンガ造2階建、外装は塗壁仕上げが施され、全体に装飾は少なく、シンプルな意匠の現建築は、1979(昭和54)年に函館市の有形文化財に指定され、1992(平成4)年の市政施行70周年を記念して一般公開を開始しています。

 

函館市旧イギリス領事館(外観)

 

明治の領事館で遊ぶ

館内展示は、領事館の歴史や雰囲気を伝える「展示室」と函館開港の歴史や文化を伝える「開港ミュージアム」のテーマで構成されている。

当時の様子を再現している「展示室」“領事執務室”や“家族居室”での領事気分を味わいながらの記念撮影や、「開港ミュージアム」“開港記念ホール”での不思議な顔はめ写真撮影コーナーなど、建物の雰囲気を感じながら楽しむことができる仕掛けが人気。

 

展示(領事執務室)

 

展示(家族居室)

 

開港ミュージアム

 

アフタヌーンティーで英国気分

函館市旧イギリス領事館に併設のティールーム「ヴィクトリアンローズ」は元町エリア散策の休憩にはもってこいのスポットです。アフタヌーンティーセットでイギリス気分を存分に楽しむことができます。また、ティールームでは紅茶や英国雑貨の販売もおこなっており、イギリスの雰囲気を引き立てています。

 

ティールーム ヴィクトリアンローズ

 

ヴィクトリアンローズ

営業時間
4月~10月 9:00 ~19:00
11月~3月 9:00 ~17:00
定休日
1月1日、12月31日
料金
【個人】一般300円/学生・生徒・児童150円 【団体(15人以上)】一般240円/学生・生徒・児童120円
旧函館区公会堂、北方民族資料館、文学館との共通入館券もあります。詳細はホームページをご覧ください。
駐車場
近隣に有料Pあり
住所
函館市元町33-14
電話
0138-27-8159
ウェブサイト
https://hakodate-kankou.com/british/
ACCESS
函館市元町33-14
アクセス
電停末広町下車 徒歩約5分
名所・旧跡 | 博物館観覧施設
※営業時間や料金など、季節により変更になるものもございますので、詳細は各施設へお問い合わせください。
ページの上部へ